レミゼラブル感想・考察・健忘録

レミゼラブルの思いを書き留めるため

ブログを始める前に

初めまして。カズシと申します。

レミゼラブルは高校の芸術鑑賞会で初めて出会い、社会人となって数年後の2015年から観劇を始めました。

 2017年今年も拝見しましたが、感動の嵐が止まらないです。

 

もう一度言います。

感動の嵐が止まらないです。

 

なぜ、

私はこんなにもレミゼラブルが大好きになったのか?

 

とっても疑問なのです。

というのも元々ミュージカルは苦手だし、演劇で感動したことはほぼない人生でした。

(そもそも学校の芸術鑑賞会しか見たことない)

 

レミゼラブルだけです。

観終わった後に原作を読み漁ったり、語りたくなったり、なんども観たくなるなど、感じて動いたのは。

 

ホントに文字通り感動したのはレミゼラブルだけです。

 

このブログで、

感動した心の衝撃をぶつけたいと思います。

そしてなぜ感動したのか、自分の気持ちを整理したいと思います。

 

レミゼラブルが好きな方はもちろんのこと。

学校の芸術鑑賞会なんてクソくらえだ!と思っている方に、少しでも届けばいいなと思います。

 

(学校の芸術鑑賞会なんてクソだ、は過去の私の発言でもあります。)

 

お読み頂けると幸いです。

 

ウトウ カズシ