レミゼラブル感想・考察・健忘録

レミゼラブルの思いを書き留めるため

2017年 博多座初日 吉原ジャベール感想

f:id:kazusi-utou:20170812225606j:image

 

2017年 博多座の感動を言語化したいと思います。まずジャベール感想から。

 

 吉原ジャベールは潔癖オオカミ!

潔癖でキレイ好きで非攻撃的なのに見た目は強面とかさ。狙ってるんですか?

 

他の役者さんと違うキャラ付け、間違いなくキレイ好きな点でしょう。

 

サッサっと汚れを振り払うしぐさ。なんですか?汚いものには触れたくないのでしょうか?要所要所、この仕草が出ました。

 

印象的なのは、バルジャンとニアミスしたシーン。テナルディエに「〜帰ってもいいよね?」と言われ、ジャベールが睨み返してテナルディエの背中を踏むところ。

 

サッサっと背中の汚れを払うんですよ!優しい男だな!

 

しかも蹴っ飛ばさない!

 

他の2人は、蹴っ飛ばしてたと思います。(とくに川口ジャベール)

 不必要な暴力は法律違反だからしない??

 育ちの良い紳士を感じました。(獄中生まれだけど)

 

神がかってた自殺シーン

ここの演技と歌がすごすぎて、もうこれ以上の自殺シーンは見れないのでは?と思うくらい感動しました。川口ジャベール派なのに。

 

「ジャベール!死ぬなぁああああ!!」

 

とガチで叫びました。(心の中でね)

口をハンカチで覆ってたんですけど、ハンカチと顔の間に涙が溜まって鼻に流れ込んでむせて、ゴホゴホゴホゴホしてました。どんだけ泣いたんだよ自分。

 

また自殺のあとの女性たちによる追悼の歌。

あれ、ジャベール派のための歌なんじゃない?ってくらい歌詞が心に来ました。

 

「なぜジャベール死んだんだ!」という憤り。

 妙に女性たちの心情とリンクしちゃって、涙の洪水が止まらなくなりました。

 

そしてマリウスのカフェソング。ここも歌詞が心に染みる。マリウスの歌に合わせて、あぁもうジャベールは帰ってこないんだぁ!っとまた号泣。

 

追悼とカフェソング。ここがこんなに感動するとは。吉原ジャベールおそるべし。

 

こんな素晴らしいジャベール自殺、ありがとうございます、吉原さん!

 

川口さんのジャベール自殺、楽しみに待ってます!