レミゼラブル感想・考察・健忘録

レミゼラブルの思いを書き留めるため

川口さんのジャベールはやっぱり圧巻!

f:id:kazusi-utou:20171008020437j:image

大阪千秋楽振りの名古屋公演の川口ジャベール。やはり演技、歌声がスゴい。自分の中のジャベール像は川口さんがスタンダードです。そして今回は吉原さんがバルジャン。今日はこの方が相手であったためか、ジャベールとバルジャンの表裏一体感がスゴい公演でした。

 

以下、川口ジャベール中心の箇条書き感想です。(長いよ)

※もし実際と違ってたらごめんなさいね。

 

 

・ジャベールがバルジャンに許可書を渡す。バルジャンがひったくるからビリって破けたような音が。
・ヤンバルジャンで見た、許可書をすぐ渡さないみたいなやりとりはなし。わりと素直に渡すジャベール。でも顔は睨みつける。貴様の人相は絶対に忘れないからな!的な。
・囚人退場中もずっとバルジャンを睨んでるジャベール。顔がこわい。
・娼婦街でジャベール登場。終始顔がこわい。
「言いたいことはいい尽くしたか?問答無用。貴様は逮捕だ。」冷酷無慈悲。
・荷馬車を持ち上げる時にバルジャンとジャベールの目線が交錯。ずっとバルジャンしか睨んでない(見つめてない)ジャベール。もうずっっっと睨んでるよ、この方!
ついカッとなって市長に詰め寄るジャベール。「市長 失礼を」の言葉に申し訳なさたっぷり。
・そいつのことならよーく知ってます!って言いながら、本能は市長を疑ってる、だけどまともな職業である市長を疑えない葛藤が見え隠れ。
・市長が帰っていいよのジェスチャー。ヤンバルジャンだとジェスチャー3回目くらいで帰ったけど、吉原バルジャンは1回で帰った。睨みながら帰ったけど。ヤンバルジャンのときは、しつこいくらいに睨んでました。(こいつバルジャンじゃね?でも市長だから証拠ないとなぁ、みたいな。)
・ヤンバルジャンのときは帽子を渡す時も中々渡さないで、顔をジッと睨んでた。今日はそこまで(表面上は)疑ってない感じでした。
・法廷後にバルジャンとジャベールが交錯・追いかけるシーン。ここもヤンバルジャンのときと違う演技。
・病院での対決シーン。絶望的なまでの体格差なのに身体1つで立ち向かう川口ジャベール。なんかここ、応援したくなる。岸さんや吉原さんと違い、銃つかって!と声をかけたくなる。
・のどゲホゲホ感がリアルで好き
・「また喧嘩か!」川口ジャベール、顔こわい。もうずっと顔こわいよ。
・学生のビラを見つけて険しい顔。テナルディエの話なんて聞いてないと思いきや、胸の焼印ワードでビラを手からハラリと落とす。そんなにバルジャンが気になるの?
・スター 星よ 抜群の歌唱力と演技に魅入られました。聴かせてくるのに、演技も感情も乗せてくる。バルジャン絶対捕まえる覚悟完了
・ワンデイモア。2年前と違って最後に腕を民衆と一緒に腕を上げない?このシーンも、ずっと顔がこわい。
・席が奇跡的に近いため、なかなか聞き取れないジャベールの歌声が聴けると思いきや、夫人やエポニーヌの歌声にやっぱりかき消される。
・正体がバレてアンジョルラスに銃を奪って飛びかかろうとする。大阪では冷静でフンって感じだったけど、今回は感情的対応。学生やアンジョルラス役によって変える?
・アンサンブルの学生さんがジャベールにすごい怒った対応をしていたから、それに合わせて?

・学生の遊び笑わせる!でめっちゃ感情的。
・大阪では砦のシーン、冷静な大人対応だったのに今回はずっと感情的な演技。というより、冷静沈着だったジャベールが正体バレたくらいから感情的に。
・バルジャンが砦に登場して接近するごとにジャベールの顔がドンドンこわくなる。銃撃戦のさなかもずっとバルジャンを見つめる。(睨みつける)学生を見張る職務できたのに、バルジャンにご執心。

・もうこんなにバルジャン1人で行動が制限されている段階で狂ってきていると思う。
・冷静な吉原バルジャンと野犬の川口ジャベール。プロローグの囚人場面との対比にもなっていてゾクッとする。(囚人場面では冷静なジャベールと野犬のバルジャン)
・砦からジャベールを逃がそうとするバルジャン。食ってかかる川口ジャベールをはっ倒す吉原バルジャン。つよすぎるよ。勝てねぇ…。

・ずっと冷静だったジャベールが砦に来てから明らかにおかしい。どんどん感情的に。

・ジャン!と名前を感情的に叫ぶ、バンと柱を叩きつける仕草から、もうすでに冷静沈着さが売りだったジャベールはいなくなってます。

・バルジャーン!!は今回も健在。

・ガブロージュに十字架を最後まで切れず、目だけ閉じさせる。帝劇ではガブロージュの死体に近づけない演技だったような。
・下水道。体も心もガクガクブルブルで、もうバルジャンの圧倒的な聖人オーラに敗北。

・かろうじて残っているバルジャンへの妄執もといジャベールの信念も、吉原バルジャンに打ち砕かれて崩壊している。

・顔のこわさがなくなり、代わりに怯えて震える顔へ。
・自殺。狂ったまま自殺に追い込まれたジャベールの生き様が切ない。

・自殺シーンは思い出すだけでつらい。精神的に追い込まれて自殺する人そのものの姿を見せられた。感動したとかそういう言葉では表現出来ない。人が1人、目の前で死んだんだという感想しか持てない。

・つまり川口さんスゴい(月並み)

・カーテンコールで川口さんが吉原さんを呼んだ時、手を広げて舞台にきたからそのままハグすんのかなと思ったら(帝劇千秋楽動画や大阪千秋楽発言もあったし)川口さんスルーして舞台にきた笑

・あ、ハグじゃないの?みたいな川口さんに和んだ。

 

帝劇は遠すぎてよく見えなかったので実質、大阪千秋楽と名古屋公演の演技を比較しても、まぁどんだけ演技プランがあるんじゃいってくらい演技が違う川口さん。

あともう1回、福井さんとの公演を観て私の2017年レミゼは終了です。次はどんな演技を魅せてくれるのでしょうか?